大原三千院

数年前に観光で訪れた、京都大原三千院です。

いつ観光で訪れても、庭の苔が素晴らしいです。

光明寺も石段や庭に苔がたくさん生えていましたが、工事の影響で多少なくなってしまいました。三千院とは、比較にとてもなりませんが、きれいな苔がたくさん生えてました。またいつの日か、手入れをして、再生したいと考えております。

住職

#送骨永代供養 #個別供養 #合葬ではない永代供養 #尼僧 #永代供養 #送骨 #遺骨を全国から郵送で受付 #35000円 #個別に骨壺を預かる

昨年の秋の庫裏及び永代供養施設の上棟式

ちょうど愛媛国体の開催中の土曜に、建物の棟上げがありました。

餅まき等もしましたが、予想以上の方々がおいでてにぎわいました。

名物のたらいうどんのお接待もあり、ご準備いただいた方々には本当にご苦労様でした。

住職

 

#送骨永代供養 #個別供養 #合葬ではない永代供養 #尼僧 #永代供養 #送骨 #遺骨を全国から郵送で受付 #35000円 #個別に骨壺を預かる

新年を迎えて

あけましておめでとうございます。

新年5日となりました。幸い新年度は比較的天候も穏やかで、寒い日々ではありますが、落ち着いたお正月期間でした。

今年度より永代供養 あかり苑を始めました。永代供養が認知され、よく耳にするようになった現在、全国ではさまざまなタイプの永代供養施設が見受けられるようになりました。ただ10万円以下の永代供養施設は、ほとんどが合葬タイプのものです。個別に骨壺を預かるタイプのものは、ほとんどございません。

光明寺 永代供養 あかり苑では、3寸の骨壺にて33年お預かりするシステムです。仮に将来継承者が現れた場合に、お返しすることも可能です。

無縁社会といわれる現代でも、将来には希望をもちたい。そういう切なる願いを込めてのシステムです。田舎の小さなお寺ですが、しっかりと御霊をお祀りし、お預かりしたいと思っております。

住職

#送骨永代供養 #個別供養 #合葬ではない永代供養 #尼僧 #永代供養 #送骨 #遺骨を全国から郵送で受付 #35000円 #個別に骨壺を預かる

苔生した本堂への階段

石上山光明寺は、寛文7年(1667)の開山と誌されている歴史ある寺院です。本堂・永代供養堂へとのぼる階段は、苔生し静寂な気に包まれています。

#送骨永代供養 #個別供養 #合葬ではない永代供養 #尼僧 #永代供養 #送骨 #遺骨を全国から郵送で受付 #35000円 #個別に骨壺を預かる

境内から見る風景

光明寺は、四国・愛媛の地の山間部にあり境内からは遠くの山々まで望むことができます。冬は平野部では晴れでも光明寺周辺は雪がちらつくこともあります。
四季折々の風景が楽しめるこの眺めも、ここを永代供養の場所として選んだ理由のひとつです。

#送骨永代供養 #個別供養 #合葬ではない永代供養 #尼僧 #永代供養 #送骨 #遺骨を全国から郵送で受付 #35000円 #個別に骨壺を預かる

ホームページ開設

石上山光明寺 あかり苑の小さな永代供養堂も無事に完成いたしました。
皆様のお蔭をもちまして、許認可等の準備も整い2018年1月より、送骨永代供養の受付を開始いたします。
皆様のお役にすこしでも立てますよう、日々精進して参ります。

石上山光明寺 住職

#送骨永代供養 #個別供養 #合葬ではない永代供養 #尼僧 #永代供養 #送骨 #遺骨を全国から郵送で受付 #35000円 #個別に骨壺を預かる